So-net無料ブログ作成
検索選択
ワールドカップ ブログトップ

ワールドカップが始まる [ワールドカップ]

ワールドカップ・ブラジル大会開幕まで、あと一週間となった。
今回はどんな大会になるのだろうか。非常に楽しみだ。

この時期になると、ある出来事を思い出す。
今から2大会前の2006年ドイツワールドカップ、やはり開幕一週間くらい前だったと記憶している。
当時の職場近くにあった書店内でのこと。サッカー雑誌コーナーに私はいた。
すると、こんな会話が耳に入ってきた。

「ワールドカップっていつから?日本ってどことやるん?」

「えっと… どこやっけ… オーストラリアとブラジルと~…」

「えっ、ブラジル?そんなん無理やん!絶対勝てへん。勝てるわけない!」

聞くつもりはなかったが、申し訳ない。聞こえてしまった。
話していたのは高校生くらいの女の子2人。
「勝てるわけない」、のあとにはもっと酷い言葉も続いたのだが、
もう一方の女の子がさすがに
こんなところでそんなことは言わない方がいい、と慌てて彼女の言葉を遮った。
こんな出来事を、前回の南アフリカ大会前にも、今大会前に思い出した。

当時の私は、現在よりもサッカーの知識に乏しく
メディアの発信する情報が信用できるか否かを選別すらせずに、何でも素直に受け入れ
今とは違う感情や考え方で日本代表に強い思い入れを持っていた。
なので、彼女の発言にいい気がしなかったのを覚えている。
日本がブラジルに勝利を収めるのは難しいとわかっていたが、
グループリーグは何とか突破できるのではないか、と考えていた。
もっとはっきり言うと、日本は強いんじゃないか、とさえ思っていた。
しかし、待っていたのは予想とは真逆の結果。
初戦のオーストラリア戦では悪夢の逆転負けを喫し、2戦目のクロアチア戦は引き分けに終わる。
そして最終戦のブラジル戦は前半、玉田のゴールで先制するも、
後半ロナウドの2得点を含む4ゴールを叩き込まれ惨敗。日本は勝ち点ゼロで大会を去った。
あの時の衝撃は忘れられない。そして、自分がいかに無知だったかも同時に思い知らされた。
この世の中、何が本当なのかを見極めるのは難しいことの方が多い。
しかし、せめて自分の目で見て、自分の頭で考えて判断することは出来るし
そうするべきなのではないか、と思う。
あれから8年、少しはそれができるようになっただろうか。
たかがサッカーかもしれないが、あの時期を境に自分の中でそういう変化が起きたのは間違いない。
残念ながら現地で観戦とはいかないが、世界のサッカーも日本代表も、この目で確かめたいと思う。

☆ 追記: 訂正とお詫び ☆

いつも当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
上記記事内で、2006年ワールドカップ・ドイツ大会における日本代表の成績について
「日本は勝ち点ゼロで大会を去った」と記載しておりますが、正しくは勝ち点1です。
間違ってしまい、申し訳ありません。
ご指摘いただき、ありがとうございました!
以後、このようなことが無いように十分注意していきます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2014年6月12日 りさ

悲しかった決勝戦 [ワールドカップ]

ワールドカップドイツ大会は
イタリアの優勝で幕を閉じました。

PK戦でグロッソがゴールを決め、イタリアの優勝が決まったとき
素直に喜べませんでした。
イタリアは大好きなチームだったし、本来なら喜ぶべきことなのに。

やっぱりジダンの頭突き・退場が大きかった。
私はジダンの全盛期を知りません。だからジダンがどのくらいすごくて、どれだけ
人に与える影響が大きいプレイヤーかはわかりません。
でも、スペイン戦での素晴らしいゴールや、ブラジル戦でのプレーを見ていて
ジダンのこのW杯に懸ける思いのようなものが伝わってきました。
特にブラジル戦の後は、フランスが決勝まで行って結果はどうあれ
ジダンや一緒に頑張ってきたチームメイトにとっていいW杯になれば良いな・・・と思っていました。

マテラッツイが何を言ったのかはわかりませんが
あの大事なゲームでああいう行動に出るというのは本当によほどの事を言われたのでしょう。
確かに退場になってもしかたのない行動です。
でもマテラッツイがジダンや、ジダンの家族を侮辱するような事をもし言ったのなら
それは見逃されて良いものなのでしょうか?暴力行為というけれど
目に見えるものだけではないはずです。マテラッツイが「何か」を言ったこと
ジダンがああいう行動に出てしまったこと、どちらも残念に思います。
とにかくすっきりしない決勝戦でした。
でもジダンにはお疲れ様でしたと言いたいです。ジダンが引退するまでに
サッカーに興味を持ち、ジダンという選手のプレーを見れたことを嬉しく思います。

今大会いろんなゲームがありました。
素晴らしいプレー、ゴール。皆さんはどのゲーム、どのチーム、どの選手が特に
印象に残りましたか?私は(たくさんありますが)
ゲームではドイツvsイタリア、チームではドイツ、選手ではピルロとカンナヴァーロ、
クローゼにネドヴェド・・・
とまあ、言い出すとキリがないのでそれはまたの機会にでも書きたいと思います。

皆さんお疲れ様でした。
また普通の日常に戻りますね。
4年後をまた、楽しみにしたいと思います。


ブラジルvsフランス、ジダンを見て [ワールドカップ]

早いもので、ベスト4が出そろいました。
準々決勝はどの試合も見ごたえがありました!
今後の試合も本当にどうなるか、予想つきません。

残念ながら
応援していたウクライナはイタリアに敗れ、準決勝進出はなりませんでした。
イタリア、やっぱり強かったです。シェフチェンコのゴールもならず、残念でした。
ウクライナは前半の早い時間帯に失点してしまい
焦ってしまったのかファウルも多くなり、前半はかなり不安定でした。
でも後半に入り、何度かチャンスを作る事ができましたし決定的なシーンもありました。
何であれが入んないんだ~!!って、ホント思いました。
(あれは後で見ると、シェフチェンコは最後自分にパス出してほしかったんですね。)
後半には2点追加点を取られ、3-0。最後までイタリアの守備を崩せませんでした。
でも自分たちが今持てる全てをぶつけ、最後までゴールを狙い続けました。
シェフチェンコも強烈なFKや、素晴らしい技を見せてくれました。
ウクライナはいいチームです。ここまでよく頑張りました。
きっとこれからもっと力をつけ、更にいいチームに成長していくと思います。
ウクライナの今後に期待したいと思います。

今回行われた準々決勝の試合のなかで、一番印象に残ったのはフランスジダンです。
私はジダンの全盛期がどんなものだったのか知りません。
だから今のジダンがその頃とどのくらい違うのかはわかりません。
でもブラジル戦でのジダンのプレーを見ていて、単純に感動しました。
その表情は柔らかく、体力的にはきついんだろうけど全力でプレーしているのが
見ていてすごくわかりました。
しかし、ロスタイムの3分はずいぶん長く感じました。相手がブラジルということはありましたが
本当に最後の一秒まで安心できませんでした。
でもフランスの守備もよく守りましたね。あと、リベリーが本当によく頑張っていたと思います。
走りに走りまくっていました。すごい気力・体力です。
フランス、ぜひ決勝までいってほしいと思います!


ウクライナ、ベスト8進出!! [ワールドカップ]

2日前に行われたスイスvsウクライナ。
今大会初のPK戦にまでもつれ込み、結果ウクライナが
ベスト8に進出しました。

もちろんLIVEで見たかったのですが、
ここ最近の寝不足→不規則な生活→体調不良・・・というわけで昨日
録画したものを見ることにしました。
結果の情報は全てシャットアウトし、見終わるまでどうなるか知りませんでした。
対戦相手がスイスに決まった時、正直厳しいと思いました。(どことあたっても厳しいんですが)
グループリーグでのスイスの戦いを見ていて、結構いくんじゃないかなって思っていたので
ウクライナ負けたんじゃないか、と思っていました。

どちらもベストメンバーではなかったようですが、どちらが勝ってもおかしくない試合だったし
本当にいい試合でした。まさかPK戦までいくとは思いませんでしたが・・・。
若干、スイスの方が押し気味だったかなと思います。
両チームとも、最後の方はチャンスがあってももう走れなくて、でもギリギリのところで
得点も許さず、最後まで頑張りました。
PKもたぶん、もう力いっぱい蹴れるだけの体力は残っていなかったのでしょう。
グセフがPKを決めた時、なぜか泣けてきました。ウクライナが勝って嬉しいのか
やっと決着がついてホッとしたのか、わかりませんが・・・。
ウクライナ、ベスト4をかけた戦いはイタリアと対戦です。
スペイン・チュニジア・スイス戦と、得点が取れていないことがかなり気になります。
ともあれ、イタリアも大好きなチームです。好きなチーム同士の対戦なので
個人的には大変楽しみにしています。

さて・・・
日本代表ドイツワールドカップの舞台から姿を消して、もう一週間が経とうとしています。
何度もそのことを書こうと思いましたが、何をどう書けば良いのかわかりません。
日本戦だけではなく、今大会のゲームを見ていて世界のレベルの高さ、代表としての誇り
そしてワールドカップは本当に特別な舞台であることを私は痛感しました。
日本は本当にまだまだ、まだまだ、いろんな部分で頑張っていかなければなりません。
私は今大会の日本代表から、本当に勝ちたいという気持ち・あきらめないという気持ちは
正直感じられませんでした。もうどこかで気持ちは折れていたように思います。
そしてチームワークもギクシャクしていたように思います。
選手たちも何とか立て直そうと頑張ろうとはしていたとは思いますが、
でもどうにもできなかったのではないでしょうか。
日本代表に関して言えば、このワールドカップ本当に悔しいという思いでいっぱいです。
でも、この結果が現実であることは間違いありません。
この結果を受け入れ、乗り越えていって欲しいと思います。
日本にとってこれからもワールドカップへの道のりはとても厳しいものになるでしょう。
でも、それを戦い抜いてこそワールドカップという舞台で初めて戦えるのでは、と思います。

それから。
なぜヒデは試合終了後、あの場所で泣いていたのだろうか。
負けたことが悔しかったんじゃないような、そんな気がする。
本当のところはわからないけど。
いつも思うけど、TVや雑誌インタビューではやっぱり本音は(ヒデはまだ言ってる方かな)
言ってないと思うから、あの時ヒデが何を考えていたのか知りたいけど
やっぱり無理なのかな。

まだまだ思うことはありますが、きりがないのでこのへんにしておきます。
とにかくこれからも私は日本代表を応援していきます。
ワールドカップも早いものでベスト8が出そろいました。さらに目が離せなくなってきましたね。
体調を回復させてしっかりリアルタイムで見たいと思います。


ウクライナ、ワールドカップ初勝利! [ワールドカップ]

グループH、第2戦。
サウジアラビアvsウクライナ。
0-4でウクライナがワールドカップ初勝利を収めました。
初戦でスペインに4-0で負けた時には、本当にがっかりしました。
スペインが強すぎたというのはありますが、スコアにもびっくり、試合内容にもびっくり、でした。

さて、今日はどうなんだろう・・・と思い観戦。

前半4分、ウクライナのCK。
DFのルソルが飛び込んで見事、ウクライナのワールドカップ初ゴールを決めます。
その後もウクライナは何度もチャンスを作ります。
サウジはウクライナの中盤を崩せず、なかなか前へ進むことができません。
そして前半36分レブロフの豪快なミドルシュートが決まり0-2とします。
本人も驚きのゴール、すごかったですね。

後半に入り、開始早々シェフチェンコが倒されセットプレーのチャンス。
カリニチェンコのクロスに、ついに、ついに、きました!!
シェフチェンコの完璧なヘディングシュート!!素晴らしいゴールでした。
ウクライナ、0-3とリードを広げます。
後半15分、サウジもやっと反撃に出ます。前半は全くと言っていいほど
ゴール前までボールを運べませんでしたが、徐々にチャンスを作っていきます。
しかしウクライナのディフェンス陣、最後の最後は撃たせません。
そして後半39分、シェフチェンコの素晴らしいラストパスをカリニチェンコが決め0-4。
初戦の敗戦から見事立ち直り、勝ち点3を獲得しました。

とはいえ、その後のスペインvsチュニジアは
チュニジアが先制するも3-1とスペインが勝ち、スペインが決勝トーナメント進出を決めました。
残るイスは一つ。まだ残り3チームともに可能性があるわけです。
最終戦、ウクライナはチュニジアと対戦します。
ぜひ、決勝トーナメントへ進出してほしいと思います。

それから、
2日前のクロアチア戦なんですが・・・。
思うことも、言いたいことも、たくさんあります。
でも今日のところは止めておきます。
最終戦、本当にものすごく厳しい条件ですがまだ可能性は残っています。
とにかく、全力で戦ってもらいたいと思います。


サッカー、日本代表 [ワールドカップ]

ワールドカップ大会4日目。
グループF、オーストラリアvs日本。
皆さんもご存知の通り、3-1で日本代表は敗れました。

TVでは飽きるぐらいに日本代表の失点シーンを放送し、敗因は何だったのかを議論する。
あるVTRに至っては、日本代表を悲劇のヒーローとでも言いたいのか
大げさな悲壮感漂うドラマ仕立てにして放送する。
日本代表が負けた事よりも、正直そういった事に本当に腹が立つ。
選手たちに対して本当に失礼だと思う。
ニュースとして放送するのはいいが、その方向性には疑問を感じる。

確かに、オーストラリア戦はとても満足のいく内容でも、結果でもなかった。
しかもオーストラリアは決して、「勝てない相手」ではなかった。
だからこそ、悔いが残る。
でもオーストラリア戦に限らず、最初から厳しい戦いになることはわかっていたはず。
それが現実として目の前で起っただけなんだと思う。
世界の壁は高くて厚いのです。でも、勇気を持って勝負を挑んで欲しいと思う。
本心ではこのドイツ大会、日本代表に
一試合でも多くいい試合をしてほしい、一試合でも多く勝ってほしい。
でも、もっと思いっきりミスを恐れず、自信を持ってプレイしてほしい。
そして、一つ一つの試合の経験を次の試合や、これからの日本のサッカーに生かしてほしい。
残るクロアチア戦、ブラジル戦、非常にキツイ戦いです。
もう一度しっかりと準備して、ベンチワークも含めチーム一丸となって試合に臨んでほしいと
思います。

それから俊輔のゴールですが。
確かにスローで見てみると、ファウルだと思います。
ラッキーなゴールだとも言われますが、俊輔の持ち味から生まれたゴールだと
私は思っています。俊輔があんなに喜んでいる姿、私は初めて見ました。
もっとキレイに決まったゴールや、すごいシュートは他にもあるのに本当に嬉しかったんですね。
試合中は、オーストラリアの選手のマークがきつく、
ガンガン当たられ何度も倒れ、ケガしてるんじゃないかと心配でした。
ゲーム終盤では疲労がひどく、集中力が欠けパスミスもありました。
次戦では是非、チームが勝利し笑顔の俊輔が見たいと思います。



ワールドカップ・大会2日目 [ワールドカップ]

イングランドVSパラグアイ。
前半4分、ベッカムのフリーキックがパラグアイのDFガマーラの頭に当たり
オウンゴールでイングランド先制。
前半はイングランドのペースのようにも見えたが、パラグアイも前半終了間際の
チャンスから後半は反撃に出る。
しかし、結局イングランドゴールを割れず1-0でイングランドの勝利。
オウンゴールではあったけど、やっぱりベッカムのフリーキックはスゴイ。
パラグアイの選手ではバルデスが、がむしゃらな感じで良かった。

グループBのもう一試合。
トリニダード・トバゴvsスウェーデン
ちょっと驚きの結果になりました。
スウェーデンが有利と思われたこの試合。終わってみれば0-0のドロー。
トリニダード・トバゴというチームのサッカーを見たのはこの試合が初めてでしたが、
思っていたよりも選手1人1人の能力が高く、ほとんどが守りの時間だったけれど
ボールコントロール、パスワーク、チームとしての戦い方がしっかりしていたように思います。
後半1分にトリニダード・トバゴのDFアヴェリー・ジョンがこの日2枚目のイエローで退場。
10対11になります。しかし、数的に有利になったスウェーデンは決定的なチャンスを
決めきれませんでした。逆に言えば、トリニダード・トバゴがそれだけピンチを防ぎきった
と言ったほうがいいのかもしれません。ベーンハッカー監督の自信に満ち溢れた表情が
印象的でした。

グループCからは一試合。
アルゼンチンVSコートジボワ-ルは
アルゼンチンがクレスポ、サビオラのゴールで2得点。
コートジボワールはドログバのゴールで1点返しますが、結局2-1とアルゼンチンが
勝利しました。

さて、ここまで行われた試合を見ていると決めるべき人が
しっかりと決めているなぁ、と思います。
早いもので、いよいよ明日は日本代表の大事な大事な初戦です。
大変緊張しますが、彼らの勝利を信じたいと思います。頑張れ日本代表!!


ワールドカップ・ドイツ大会開幕!! [ワールドカップ]

サッカーファンにはたまらない一ヶ月の始まりです!!
ワールドカップドイツ大会、ついに開幕を迎えました。

注目の開幕戦、ドイツvsコスタリカは4-2と開催国であるドイツが勝利。
ドイツは開催国のプレッシャーのかかる試合でしたが、開幕戦を勝利で飾り
とりあえずはホッとした、というところでしょうか。

ゲームは前半6分、ラームのゴール右隅を狙った強烈なシュートがポストに
当たり見事にゴール、ドイツが先制点を奪います。
やはりホーム、スタジアムは一気に盛り上がる。
しかし、その6分後コスタリカはワンチョペのゴールで同点に追いつきます。
んん・・!?ドイツ、大丈夫かな!?
と、思いきや続く前半17分ドイツ、シュナイダー→シュバインシュタイガーとつなぎ
最後はクローゼが決め、勝ち越し。美しいパスワークから生まれたゴールでした。
前半2-1で折り返します。

後半に入り16分、ラームのクロスにクローゼが合わせヘディング。
一旦はGKに阻まれるが、こぼれたところを見逃さずきっちり決め追加点。
クローゼこの日2点目。3-1とドイツのリードが広がります。
そして後半28分、今度はコスタリカがうまくドイツのディフェンスをひきつけ
ワンチョペにパスを出す。これをワンチョペ、落ち着いて決め3-2と一点差に引き戻す。
しかしドイツは42分、フリンクスのスーパーゴールで4-2と試合を決定づけた。

コスタリカはマイボールになっても出しどころがなく、何だかかなりやりにくそうな印象でした。
しかし、ワンチョペのゴール前でのあの落ち着きようはすごいなぁと思います。
一方ドイツはサイド攻撃を中心とし、中央からはミドルかロング狙い。
シュートの精度はやっぱり素晴らしいですね。ただ、やはりディフェンス面が心配です。
ゴール前のスペースをうまく使われていましたし、結構周りが見えてないように思いました。
あとずっと気になってたんですが、レーマンがやっぱり元気ないんで心配です。

さて、もう一試合のポーランドエクアドルですが0-2でエクアドルが勝ちました。
あのロングスローはやっぱり秘密兵器だったのでしょうか?

今日はイングランドvsパラグアイ、トリニダード・トバゴvsスウェーデン
アルゼンチンvsコートジボワール、と楽しみな試合がありますね。
どの試合も見逃せません!頑張って眠気と闘いたいと思います。


ワールドカップ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。