So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

アジアカップ 日本vsUAE [日本代表]

日本のアジアカップは終わってしまいました。
以前よりは感情に流されず、
試合の内容や結果を受け止めることができるようにはなりましたが、やはり悔しいですね。
時間が経った今日の方がジワジワ来ています。

そうしているうちに、日本が敗退した理由はなぜなのか?という疑問が沸いてきました。
もちろん、この試合だけの要素に限らず、ここにくるまでの経緯に様々な要因があるとは思います。
ただ、昨日の試合で言うなれば
試合開始から7分間にそのカギがあったのではないか、と考えました。
私なりの見解を少し書いてみたいと思います。

スタートから2分過ぎまでは、相手選手へのプレスもかけ、自分たちのパスワークもリズムよく繋がり
フィニッシュまでもち込めていました。決して入りは悪くありません。

ところが、2:40
日本の右サイドで酒井高徳が15番・イスマイールとの1対1でボールを失い、カウンターを受けます。
最終的には川島が阻止し、失点には至りませんでした。
この場面の最終ラインを見てみると、
酒井が上がっていたため、左から長友・森重・吉田の3人が対応しています。
前線の相手選手に対して人数は足りていますが、
ラインコントロールが難しかったのではないかと思います。
長友と森重は並んでいますが、吉田は右サイドの7番・マブフートをマークしなければならないので、
2人より少し下がったポジショングでした。
そこで、オフサイドが取れずディフェンスラインの背後のスペースにスルーパスを出され、
サイドを突破したマブフートに独走を許してしまいました。

この直後から日本は明らかにリズムを崩し、逆にUAEは自分たちのプランに鋭さを増してきます。
日本はパスミスが増え、守備も後手後手になっていました。
相手のレベルはありますが、グループリーグで見せていた
『人数をかけて、後ろもフォローして』
という連動した守備が機能せず、中盤でのプレスが緩くなっていたと思います。

そして、5:54
ボールホルダーであるマブフートに対し、長谷部と香川が2人で挟み込んで対応していました。
しかし、かわされてしまいます。
その後、後方からのフォローがなくドリブルで突破され、前線の中央に守備が引き付けられて
右にポジションをとっていたオマールにフリーでパスを出されミドルシュートを撃たれてしまいます。
これは、日本のディフェンスに当たってゴールには至らず難を逃れました。

そして、先制された7分。
日本の左サイドで相手に緩急をつけたボール回しをされたことで守備が混乱。
ノープレッシャーで前線へのロングボールを許し、
マブフートに絶妙なトラップからのハーフボレーを決められました。

おそらくはプラン通り、先制点を奪ったUAEは前半の早い時間にもかかわらず、
自陣に引いた試合運びを始めます。
延長戦も含め、残り約110分はほとんど日本の攻撃の時間だったと思います。
柴崎の同点ゴールは素晴らしかったですが、90分もしくは120分では決着をつけられず
PK戦の末、日本は敗退という結果に終わりました。

まず、立ち上がりのピンチから修正が出来なかったことが大きかったのではないでしょうか。
落ち着いて立て直す前に、相手のペースに持ち込まれてしまった。
そして先制点を許し、相手のプラン通りの試合運びになってしまったと思います。
多くの場合、先制点を奪われると相手が主導権を握るため、こちらは不利な立場になります。
それは、例えば欧州のビッグクラブや強豪国といわれるナショナルチームでも同じです。
ただ、そこで不利な状況を打開できるプランや能力があるかないか、
発揮できるか否かだと思います。
個人の能力も組織力も、おそらく日本がUAEを上回っていると感じましたが
不利な状況を打開するために必要なスキルが、まだまだ不足しているのではないでしょうか。

アギーレ体制が今後どうなるのか、現段階では明確ではありませんが
そのあたりのレベルアップを進めていかなければならないと思います。
また、どんな高いクオリティをもった選手でもボールを失ったり、ミスをすることはあります。
大切なのはその後をどうカバーするかです。
まずはミスを減らすために、個人の能力をもちろん上げなくてはなりませんが、
そういった部分も常に考えていく必要があると思います。

最後に、選手本人やメディカルによるコンディション管理を問題視する声があるかもしれませんが
個人的には長友の負傷はアクシデント
交代枠の采配は勝負所を知っているアギーレの英断だったと捉えています。

それにしても、ベスト8で大会を去るのは非常に辛いですね。
コンフェデレーションズカップに出場できないのも、本当に痛手です。
トップチーム含め、各年代で日本のサッカーはしっかり立て直していかないとなりません。

タグ:日本代表

Bonne année ! 2015 [日記]

皆さま、新年あけましておめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]
本年もどうぞよろしくお願いいたします(*´▽`*)

ご無沙汰しております[あせあせ(飛び散る汗)]
本当は昨日、久々に更新をする予定だったのですが、
仕事の後、家族&親戚の忘年会&新年会のあと
録画していたレアルvsミランを見ながら爆睡してしまい、起きたら朝の4時でした( ゚Д゚)
というわけで、昨日書けなかったことを・・・(*´▽`*)

昨年も、たくさんの方にお世話になり本当にありがとうございました。
家族・友人・先輩、このblog で交流させていただいている皆さま、読者の方々
多くの方のおかげで良い1年を送ることができました。
サッカーを通じても様々な世代の方とつながり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、自分の目指しているフィールドに少しだけ近づけた一年でもありました。
ここから、成長するか途中で枯れてしまうかは自分次第。
これまでは疑問や迷いばかりの人生でしたが、「この道に進みたい」という想いは
決心から2年が経過した今も、やはり間違ってないと確信しています。
まだまだ足りない部分もありますし、時間もかかります。
でも、「草の根活動」の精神を忘れず、地道にやっていきたいと思います。

なかなか皆さんのblog に伺えず申し訳ありません。
今年も、たくさんの素敵なお写真や楽しいお話を楽しみにしております[わーい(嬉しい顔)]
時間を見つけて、またお邪魔させていただきます!
2015年が素敵な年になりますように[ぴかぴか(新しい)]
今年もよろしくお願いいたします。

Bonne et heureuse année!

今夜はクラシコ [チャンピオンズリーグ]

皆さま、こんにちは[わーい(嬉しい顔)]
もう、だいぶ寒くなりましたね。いかがお過ごしですか?

記事タイトルは「クラシコ」なのですが、
先日行われたCL第3節のリヴァプールvsレアル・マドリーの感想を書きたいと思います。

結果は3-0とレアルの完勝でした。
私は先に結果だけを知っていたので、そのスコアから想像するに
リヴァプールのパフォーマンスが良くなかったのかな、と思いました。
今季のプレミアの苦戦ぶりを見ていても、その光景は自然と目に浮かんできます。
しかし、実際に試合映像を見てみると、パフォーマンスは決して悪くありませんでした。
確かに、結果的には内容もスコアも、レアルにやり込められた感はありますが
リヴァプールが悪かったというよりは、レアルが上回っていたという方が自然な印象です。

両チームに所属する選手のタイプ、採用しているスタイルはもちろん違います。
ただ、プレーのスピード感というか、攻撃を仕掛ける速さというのは共通していて
キックオフからかなり激しく、前半は非常に早い展開で試合が進みました。

先制点は23分。
ハメス・ロドリゲスとのコンビネーションから、ロナウドがゴールを決めました。
先にボールを持っていたロナウドがリヴァプールのディフェンスを引き付け、
ロドリゲスにパスを出しながら、ディフェンスラインの裏に走る。
ボールを受けたロドリゲスはまず、右足でトラップしコントロール
次に、左足でディフェンダーの頭上を越す浮き球のパスを出す。
この瞬間も、ディフェンスはロドリゲスに引き付けられているので
ロナウドのマークが遅れ、さらに浮き球のパスに対応できず、ゴールを許してしまいました。
レアルの選手間の意思疎通、技術の高さ、ラストパスのアイディア。
非常にクオリティーの高いゴールシーンでした。

続いて2点目は30分、スコアラーはベンゼマ。
CKの流れから、左サイドでトニ・クロースが逆サイドに大きく展開。
ファーのベンゼマがヘディングシュートを決めました。
ここでは、リヴァプールがセカンドボールを拾えず、レアルの2次攻撃に遭い
最終的な局面では、ラインコントロールが疎かになっていました。

3点目は41分。これもCKからベンゼマが決めました。
こぼれ球にペペが素早く反応、最後はベンゼマがタイミングを逃さず確実に決めました。
(あのタイミングに合せる技術は相当難しいと思います)
ぺぺにはシュクルテルがついていましたが、
後ろから足を出されて先にボールに触られ、ベンゼマに繋がりました。
ミニョレも飛び出しはしましたが、対応できませんでした。
足で止めるか、キャッチするかの選択を迷ったのかな、という感じに見えました。

前半で3-0という、リヴァプールサイドにとってはショッキングな展開で、
そこまで大きなミスがあったわけではなかっただけに、残念な前半でした。

後半、リヴァプールはチームに馴染めず、結果の出ていないバロテッリに代えてララーナを投入。
前線はララーナが左、スターリングが中央、コウチ―ニョが右にポジションを移しました。
ララーナの投入で、前線の3人がポジションを変えながらボールを受けて
前半とは違うリズム感を生みだし、徐々に攻撃の形が作れるようになりました。
しかし、それも後半開始から10分ほど。15分は続かなかったでしょうか。
すでに3点のリードがあるレアルは、前半のように積極的な攻撃はせず
落ち着いた守備から、時折タイミングを見計らって鋭いカウンターを仕掛けてきました。
リヴァプールには手詰まり感が漂い、67分にロジャース監督は残りの交代枠を使い切ります。
しかし、ピッチに送り出されたマルコヴィッチとエムレ・カンも変化はつけられず。
ノーチャンスではありませんでしたが、結局レアルのゴールをこじ開けることはできませんでした。

レアルは個々のクオリティの高さはもちろんなのですが、
それがバラバラに発揮されているのではなく、チームとしてまとまり、機能していました。
あれだけ個性の強い選手たちを、生き生きとプレーさせ、チームとして機能させている
指揮官・アンチェロッティの手腕もやはりすごいな、と思います。

リヴァプ―ルにも、レアルほどではないにしろ、いい選手はたくさんいます。
しかし、その特徴や良さが十分に発揮できず、
その個々の能力が、チーム力にまだうまく合流していないような感じです。

気になったのは、バイタルエリアに入った時に、味方選手との距離が近すぎることです。
ある程度、レアルの守備を引き付けてはいましたが、
引き付けてできたスペースを有効に使えていないことが多いのです。
ボールの近くに人が偏りすぎているので、もっとスペースを上手く使えればと思います。

ロジャーズの采配に関していえば、0-3で負けている状況ですから
早めに交代枠を使い切ったことは理解できますが、その意図がよくわかりませんでした。
マルコヴィッチはコウチ―ニョと同じポジションに入っていましたから、
前線で変化をつけたかったのでしょうけれど、カンはどういう意図で入れたのかなあ、と。
センターをアレンとカンに任せてジェラードを前に上げるなら理解できるのですが、
ジェラードは変わらずアンカーポジションにいましたし、
だからといって、アレンやカンが前に積極的に出ていくという感じでもなかったように見えました。

第3節を終えて、リヴァプールは同組のルドゴレツ、バーゼルと勝ち点では並んでいますが
得失点差で現在順位は3位。
次節はレアルホームでの折り返し対戦になりますので、なかなか厳しい状況ですね。
ようやくCLの舞台に戻ってきてくれたので、ちょっと頑張ってほしいなあ、と思います。


LIVERPOOL (4-3-3)

スターリング   バロテッリ (46 ララーナ)   コウチ―ニョ (68 マルコヴィッチ)
アレン   ジェラード   ヘンダーソン (67 エムレ・カン)
アルベルト・モレノ   ロブレン   シュクルテル   ジョンソン
ミニョレ


REAL MADRID (4-3-3)

ロナウド (75 ケディラ)   ベンゼマ   ハメス・ロドリゲス
イスコ   クロース (81 イジャラメンディ)   モドリッチ
マルセロ (85 ナチョ)   バラン   ペペ   アルべロア
カシージャス

SCORER

23 ロナウド  30 41 ベンゼマ  

LIVERPOOL 0-3 REAL MADRID

( 2014.10.26 ANFIELD )

さて、今日はクラシコですね!(≧▽≦)[グッド(上向き矢印)]
出場するかわからないですが、レアルではイスコのプレーを楽しみにしたいと思います。
バルサでは、やっぱりスアレスですかね?
皆さんも楽しんで下さい!!\(^o^)/

前の3件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。