So-net無料ブログ作成

カイト 代表100キャップ達成 [ワールドカップ2014]

皆さま、こんばんは。(^-^)
ワールドカップもついに決勝トーナメントに突入し、
熱く激しい戦いが連日繰り広げられていますね!
私は体調も頭も(前からか・・・:笑)完全におかしなことになっておりますが、
気にせず楽しみたいと思います!

昨日(今日?いまだにどう表現して良いかわかりません[あせあせ(飛び散る汗)])行われた
オランダvsメキシコのゲームは劇的な最後でしたね。
前半はオランダがディフェンスラインから前にボールを入れられず、
攻撃を担うスナイデル、ロッベン、ファン・ペルシーがなかなかボールに触れませんでした。
テレビカメラはどうしてもボールのある位置を映すので、
オランダの前線(メキシコの最終ライン)がどのような状況になっていたか明確にはわかりませんが
ボールの出しどころがなかったということは、
メキシコのディフェンスが、それだけ絶妙なポジショニングでスペースを消していたのでしょうね。
特にロッベンもファン・ペルシーも、スペースがあってこそ一番生きる選手なので
オランダの攻撃の特徴であるその部分を消しにかかっていたのだと思いました。

後半開始3分にドス・サントスのゴールでスコアが動いてからは、オランダも選手交代をしたり
フォーメーション、選手のポジションを変えたりして、突破口を模索し決定機も何度か作りました。
しかし、そこに立ちはだかったのはGKオチョア。
グループリーグのブラジル戦でも、何度も素晴らしいセーブを連発していましたが
オランダ戦でもそれは変わらず。
ところが、もうこのままメキシコの勝利かな、という思いがよぎった試合終盤の87分。
ロッベンのCKから、交代出場のフンテラールが頭でマイナスに落とし、
最後はスナイデルの右足が炸裂。オランダは1-1の同点に追いつきました。
そして、アディショナルタイムの94分にはペナルティエリア内でロッベンが倒され
PKを獲得すると、フンテラールが冷静に決めてオランダが逆転勝利を収めました。
メキシコも本当に素晴らしいチームで、ここで大会を去ってしまうのは非常に残念ですが
結果、オランダがベスト8進出を決めています。

このメキシコ戦で、オランダ代表であるディルク・カイトが代表通算100試合出場を達成しました。
この日、グループリーグ最終戦のチリ戦と同じ左のウイングバックで先発出場したカイト。
前半は厳しい日差しが照りつける日なたで、ウィングバックの位置でプレー。
後半エンドが逆になるので、ようやく日陰でプレーできた思いきや
開始から10分そこそこでデパイの投入に伴い、右サイドでサイドバックへポジションチェンジ。
再び日なたへと移動し、
さらに76分にフンテラールがフィールドインすると右サイドハーフの位置へ・・・
とまあ、攻守に渡ってチームのために尽くしてくれました。
同点ゴールにつながったCKは、カイトの頑張りからでした。
私の中で強く印象に残っている、以前の彼のプレースタイルとは少し違った部分はありましたが
試合の流れによって、複数のポジションをそつなくこなしてくれることこそが
彼の持ち味でもあり、チームの勝利に貢献するという大切な仕事だったように思います。
(彼の年齢や厳しい気象条件なども、もちろん関係していると思いますし)
複数のポジションでプレーできるということは、選手交代の枠も効果的に使えますし
監督にとってもチームにとっても非常に助かる存在です。
時にはその器用さが裏目に出てしまう場合もありますが、
それがディルク・カイトという選手なのです。
ファン・ハール監督からも、大会中にウイングバックの位置を任せるかもしれない、と
言われていたそう。
カイトは元々、センターフォワード。リヴァプール時代にはサイドハーフの才能も開花させ
その後、移籍したフェネルバフチェでも主に同ポジションでチームに貢献しています。
今大会で起用されているポジションは少々不慣れかもしれませんが、
それでも彼は、出場機会が来た時のためにしっかりと準備していたのでしょう。
彼らしいな、と思います。
また、代表100キャップを成し遂げ、オランダ代表が準々決勝進出を決めたこの日は
7年前に亡くなられた、カイトのお父さまのご命日でもあるそうです。
カイトの活躍を、きっとお父さまも喜んでおられるでしょう。

これから後の試合に、カイトが出場するかどうかはわかりませんが
その機会が訪れることを心から願っています。
どこのポジションであっても、きっとチームのために全力で戦ってくれるはずですから。

カイト、代表通算100試合出場おめでとう。
これからも頑張ってください。
活躍、楽しみにしています!(*´▽`*)
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

代表・コロンビア戦 [日本代表]

皆さま、こんばんは。
ワールドカップは今日、グループリーグ最終日を迎えます。
続々と、決勝トーナメント進出国が決定していますね。
グループリーグ最終節は、同時刻開催の連日4試合。
なかなかついていけず、結果も知ってしまい(途中経過を言うので:苦笑)
少々困りながらも存分に楽しんでます。

さて、日本代表。
最終戦はコロンビアとの対戦でした。
選手がやろうとしていたことや、気持ちは試合を観ていて伝わりましたが
それが実を結ぶことはなく、残念な結果に終わってしまいました。

試合開始から、前へ、縦に、という意識が日本には強く見られました。
人数をかけた守備、相手選手へのアプローチも激しく、
これまでの2試合で、できなかったことを実践していたと思います。
しかし、その中でも気なった点がいくつかあるので少し書いてみたいと思います。

まず、ボールを奪う意識は高かったものの(前半は)
「自分たちのボールを失わない」という部分では意識が薄かった。
そして、そのあとの切り替えが遅れ気味でした。
4失点のうち2失点は、ボールロストからのもの。
まずはボールを相手に渡さないことが重要ですが、90分間の中でそういったことは起こり得ます。
問題はそこから、どうやってマイボールにし直すか。そのあたりが足りていなかったと思います。

そして、コートジボワール戦と同じく、やはり相手選手へのプレッシャーが緩いこと。
残りの2失点も、始まりはマークの遅れ、寄せの甘さからだと思います。
後半、肉体的にも精神的にも疲れて、集中力も落ちているとは思いますが
そこを怠ってしまうと、相手の思い通りに展開されてしまいます。
3失点目の起点になってしまった場面で、フリーでボールを受けようとしていた本田に対して
コロンビアのメヒアという選手がサッと寄せにいってボールを奪っているシーンなんか
逆にお手本にしてほしいくらいです。本田がフリーであることに気づき、パスがくることを読んで
本田がトラップする瞬間にうまくボールを奪っています。

また、日本は初戦、2戦目の結果から、点を取って勝つしかなく
前がかりになるのは当然ですから、カウンターを喰らい
ディフェンスラインの背後の広大なスペースを使われるのは必然。
もちろん選手たちもわかってはいるとは思いますが、
そこのリスクマネジメントをしっかりしなくてはなりません。
前に人数をかけている状態でカウンターを仕掛けられると、どうしても対応は難しくなる。
しかし、そこの差をつめていかないと、やはり失点は免れないと思います。

最後に監督采配について。
選手交代に関しては、私の個人的な印象としてはどれも疑問が残るものでした。
青山→山口は、これ以上失点しないように中盤での守備を上げる狙いでしょうか。
岡崎→柿谷はスタミナ面?
最後の香川→清武は理由が思い浮かびません。
失点したくないのはわかりますが、元々点を取らなくてはならない上にすでに勝ち越されています。
そのタイミングで守備的な選手を入れるというのはどうなのでしょう。
入れるならもっと早いタイミングではないかな・・・と。
そして、疲労もわかりますが
得点している選手を下げるのは、相手にとって脅威が減るのではないでしょうか。
岡崎が決めるパターンも多いのにな、と思ってしまいました。

それから、コロンビアは本田にかなり厳しいマークを付けていました。
攻撃のキープレイヤーである本田を抑えることが、
ゲームの主導権を握る大きなポイントだったのでしょう。
実際に、本田のところでボールを失う場面も結構あったように思いますし、
マークが厳しいので本田のところからスムーズに展開できなかった。
そういう状況を、選手たちがうまく利用して攻撃に生かすことができればいいのですが
それを考えて選手に指示を出すのは本来、監督の仕事だと思います。
また、本田がうまく機能しないのなら、思い切って交代するという選択肢もあったはず。
それができなかったのは、やはりいろんな意味で準備不足だったとしか言えない気がします。

いろいろ書きましたが、日本代表のワールドカップは終わってしまいました。
どうしたら日本は強くなるんだろう。
変えていかなければいけないこと、知っていかなけばならないことは一つではありません。
まだまだ時間がかかるのは十分承知しています。
だけど、そういう気持ちでいっぱいです。

本当はもっと違う面からも書きたかったのですが
今回はコロンビア戦の内容に関してのみにしました。
日本サッカーの現在と今後については
自分の頭の中を整理してから、また別の機会に改めて書きたいと思います。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

代表・ギリシャ戦 [日本代表]

皆さま、こんばんは!(-_-)zzz
仕事から帰宅後、昨日のイタリアvsコスタリカを後半から(前半は昨夜、観ていました)
その後のスイスvsフランスを観ながら爆睡・・・さっき起きました・・・
予想通り、生活スタイルがおかしなことになっています(笑)

さて、日本代表のギリシャ戦。
当日、ライブでも観ましたし、その後少し時間を置いて、もう一度観直しました。
本当はその後、すぐに記事を書きたかったのだけれど
自分が感じたことが何なのか、少しハッキリしなくて一日考えておりました。

自分なりの考えを、少し書いてみたいと思います。
内容も結果も、非常に残念なものでした。
ギリシャの選手が一人退場になり、数的優位を得たにもかかわらず、それを生かせず
終盤にはパワープレー、交代枠も使いきらず無得点のまま試合終了を迎えました。

まず、数的優位について。
相手が10人になったからと言って、多い方が得点するとは限りません。
逆に人数が少なくなった方は、やることがハッキリするため戦いやすくなるとも言えます。
今回で言うなら、ギリシャは元々、堅守速攻のチームです。
ですから、堅守がさらに堅守になった。それを崩すのは、日本でなくても難しいと思います。
ワールドカップという世界的に注目される大舞台だからこそ、
取り沙汰され批判もされますが、数的優位を生かせず結果が出ないことは
サッカーの世界では日常茶飯事。特に珍しいことではありません。
例えば、今大会のメキシコ戦のブラジル、オランダ戦のスペインやコスタリカ戦のイタリアでも同じ。
(人数は11対11でしたが)
相手に自陣でガチガチに守られたら簡単には得点できません。
カメルーン戦のクロアチア(こちらはカメルーンが10人、クロアチアが11人)が
4-0で勝利したパターンもありますが、
カメルーンの元々のサッカースタイルや1人少なくなった時の守備陣形、
クロアチアの巧さなどが要因かと思います。
それに、今の日本代表はアジアの戦いでも、海外の国との親善試合でも
自陣に引かれて守られた時にはチャンスは何度も作れど、
なかなか得点出来ないことも多く、それがパターン化していました。
それが、世界の強豪が集まるワールドカップに来て打破出来るか、と言われてもやはり難しい。
変な表現になるかもしれませんが、日本が点を取れなかったのは普通のこと。
ただ、だからと言ってそれでいいわけはありません。
困難な状況を打開できるだけの、アイディアや技術を準備できなかったことが問題だと思うのです。

そして、終盤のパワープレー。
選択肢の一つとして、あり得るとは思います。
ただ、今までほとんど実践したことは無いですし、
ザッケローニ監督もやらないと言っていたようなので、観ている者からすれば「えっ!?」
となって当然だし、実際ピッチでプレーしている選手にしても、やりづらさはあったかと思います。
しかも、サイドからの高めのクロス一辺倒では、ギリシャの得意分野で勝負しているようなもの。
ペナルティエリア内でも、日本の選手のポジションが重なっていたり
ただ突っ立ってクロスを待っていたりで、あれでは相手にとって脅威にはなりませんよね。
もっと、エリア内でも相手を引き出す動きが必要ですし、
ドリブラーでなくても、ペナルティエリアに切り込むような仕掛けが出来なければ何も起こらない。
ペナルティエリアに進入し、ボールを持てれば多かれ少なかれ相手にはプレッシャーがかかり、
PKやオウンゴールの可能性も生まれるのではないでしょうか。

最後に交代枠を使い切らなかったことに関して。
試合後の会見で、ザッケローニ監督は青山を考えていたが
そうすると、吉田(のポジション)を下げなくてはならないので入れなかったと言っていました。
その発言から察するに、ザッケローニ監督の考えとしては、
最後までパワープレーで行け、ということだったのでしょうね。
個人的には、斎藤選手のような細かなボールタッチのできる
ドリブラーを入れていたら、変化はつけられたかも・・・とは思います。
疲労が溜まる試合終盤にフレッシュで動きをつけられる選手が入ってくるのは
相手にとって嫌だと思うし、出来るだけのことはやってもらいたかったというのが本音です。

いろいろ書きましたが、本大会に入ってからの2試合で強く感じたことは
勝つ戦いをする準備ができていなかったんじゃないか、ということ。
自分たちのサッカースタイルを作り上げ、実践することはもちろん大切です。
しかし、自分たちだけでサッカーをするわけではありません。
相手があってこその試合であり、サッカーです。
特に、ギリシャ戦などは対戦前からああいった状況は容易に想像できたと思います。
相手が10人になるというのは想定外だったにせよ、
崩すのは難しいチームだというのはわかり切っていたはず。
「自分たちのサッカーをやれば勝てる」という意識の持ち方が
少し違っているんじゃないかと私は思います。
ギリシャ戦への準備は、本当にできていたのでしょうか。

ザッケローニ監督は、確かに指導者のキャリアは長いし、セリエAでの監督経験もある。
しかし、ナショナルチームとクラブチームでは置かれた環境も戦い方もまったく違うと思います。
そういった部分での経験不足が少なからず、影響しているのではないかと感じました。

初戦も2戦目も、結果は厳しい現実を突きつけられましたが、
現状としっかり向き合って、最終戦のコロンビア戦に臨んでほしいと思います。

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯・GL-B スペイン vs チリ [ワールドカップ2014]

皆さま、こんばんは☆(^-^)
W杯も7日目が終了。
決勝トーナメント進出を決める国が出てきましたね!
昨日(今日?)の3試合も、どれも面白い試合でした。

前回王者のスペインは難敵チリとの対戦でした。
スペインは序盤から押し込まれ
チリのプレスに苦しみ、自分たちのサッカーを表現することなく0-2で敗戦。
初戦のオランダ戦で躓き、立て直しがきかないまま90分を終えることになりました。

スペインは開始早々にチリに決定機を作られ、ヒヤリとする立ち上がりでした。
それでも失点する20分くらいまでは、
ショートパスを繋いでポゼッションを高め、
そこから崩していくという自分たちのスタイルを作り出そうとしていました。
それまではチリのプレッシャーもそれほど厳しいものではなく、そこそこパスは繋がっていました。
しかし、ワンタッチのパスが繋がり、リズムが出そうになっても
パスミスや相手の好守に阻まれ、途切れてしまいがちでした。
ゲームが動いたのは20分。
スペインの左サイドでシャビ・アロンソのパスをカットしたサンチェスと
ビダルのコンビネーションからエリア内でスルーパスを受けたアランギスが
中央へ折り返し、最後はフリーのバルガスがゴールを決めてチリが先制点を奪います。
得点が入ってからチリのプレスがより早く厳しくなり、スペインの中盤を潰し始めます。
今日はシャビがベンチスタートだったので、特に攻撃の起点となるシャビ・アロンソと
イ二エスタにはかなり激しくいっていました。イ二エスタは4人に囲まれる場面も何度かありました。
スペインはオランダ戦のショックや疲労、チリに先制点を許したことなどからか、
全体的に選手の足が止まり、ボールホルダーに対してのサポートがほとんどありませんでした。
そして前半終了手前の43分にFKの流れから、チリが追加点を奪います。
サンチェスのFKは一旦カシージャスが弾き返したのですが、
そのクリアボールがフリーのアランギスに飛んでしまい、
冷静に収めたアランギスがそのままゴールネットを揺らしました。
後半スタートからスペインはシャビ・アロンソに代えてコケを投入。
その後も、ジエゴ・コスタをトーレス、ペドロをカソルラに代えてピッチに送り出すも
どの交代もチームの活性化には繋がらず。
チリは前半同様、早く厳しいプレスを継続し、スペインにボールを持たせません。
結局、後半は両チームともに得点はなく0-2で試合終了。
チリが王者スペインを下し、決勝トーナメント進出を決めました。

スペインに関しては、単純に元気がない印象でしたね。
開始時からイージなパスミス、キックミスも目立ち
マイボールになってもすぐ奪い返され、好守の切り替えも遅かった。
チリにボールを奪われても、前線に選手が残ったままでした。
90分通して精力的に動いていたのはイ二エスタだけだったんじゃないかな・・・
シルバも動いてはいたのですが、それに周りの選手が連動していかなかったですね。
逆にチリは試合終盤までスタミナも集中力も落ちず、徹底して相手の中盤でボールを奪い
相手の攻撃の芽を摘み、スペインに何もさせなかったと思います。
プレスの速さや厳しさも最後まで落ちませんでした。
エネルギーと自信に溢れた、素晴らしいサッカーだったと思います。

今日のチリのような、チーム全体が連動した前線からのプレス、中盤でのボール奪取。
また、先日の対ブラジル戦のメキシコのような、やはり全員がハードワークで
人数をかけた守備からの攻撃というのは、日本代表が目指しているスタイルに近く
参考に出来るんじゃないかなあ、と思います。
特にメキシコは体格的にも日本人に近いですし、多くのヒントがあるように感じます。
確かにスタミナ、集中力の維持は難しいですし、頭も使いながらの90分ですから
簡単なことではありませんが、一つでも上にいくにはそれをやっていくしかないですよね。

しかし、もう1試合あるとはいえ、スペインが大会から早々に去ってしまうのは残念です。
同グループでは、オランダがオーストラリアに勝ったので
チリとオランダが決勝トーナメント進出を決めています。
オーストラリア戦は、オランダが取って取られて、取られて取って、最終的に取った(笑)
・・・みたいな、点の奪い合いで面白いゲームでしたね。
私個人的にはあれが本来のオランダっぽい気がして、とても楽しめて観れました。
(しかし、ケーヒルは本当に相手にとって嫌な(良い)選手であることを再認識しました[あせあせ(飛び散る汗)]
グループ最終戦はオーストラリアはスペインと、オランダはチリと対戦ですね。
オランダとチリのどちらが首位通過するか、
また決勝トーナメント1回戦で当たるA組の1位・2位も非常に気になります!
クロアチアが最終戦まで望みを繋げたので、グループAも混戦してますね。
今後がホント、楽しみです(≧▽≦)

さて、今日は日本と同グループのコロンビアvsコートジボワール、ウルグアイvsイングランド
そして、日本代表のギリシャ戦です。
しっかり見届けたいと思います!

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯・GL-A ブラジル vs メキシコ [ワールドカップ2014]

皆さま、こんにちは (^-^)
今日からワールドカップはグループリーグ、2戦目に突入しました!

いや~、ブラジル・メキシコ戦は素晴らしいゲームでしたね!!(≧▽≦)
開始から終了まで、激しさあり、スピード感あり、テクニックあり・・・見どころ満載で
スコアレスドローってこんなに面白いものだったかな!?と思いました。
観戦者としての満足感というか、充実感(?)というか、そういった気持ちでいっぱいです。

両チームとも素晴らしかったんですけど、
特に、メキシコのナイスファイトには心から拍手を送りたいです。
立ち上がりはブラジルに押し込まれて、守備に回る時間が多かったですが
25分~30分くらいからは徐々に反撃を開始。
後半は積極的に攻め込み、守備でも最後まで集中力を切らさずゴールも守りました。
前目から人数をかけた守備と、読みの効いたポジショニングで危険なエリアへの進入を防ぎ、
決定機を作られたら、GKのオチョアが立ちはだかりゴールを許さず。
ホント、4回もあんな決定機を防いでしまうとは・・・そうそうない気がします!
(オチョアの顔と名前は完全に覚えてしまいました)
まあ、オチョアのビッグセーブもすごかったんですけど
選手全員が最後までハードワークで、素晴らしかったです。
得点が取れなかったのは少し残念でしたけど、とにかくナイスファイトでした。
ブラジルも、らしさは出していましたが、
途中から思い通りの試合運びがなかなかできなかったですよね。
同グループのクロアチアとカメルーンの2戦目がまだですが、
グループAの今後が非常に楽しみになってきました!

しかし、南米の選手は足の裏を使ったボールコントロールが本当に上手いですね。
以前、インタビューさせていただいたトム・バイヤーさんが
「ボールを蹴り出すのではなく、まずボールは自分のもの、相手に渡さないという意識が大切」
と仰っていたのですが、彼らはきっと小さい頃からそういった意識を強く持ち
ボールキープの技術を身に付けて、日々そのテクニックを磨いているんだろうなと思いました。
まずは1対1、もしくは2人・3人に囲まれてもボールを失わない技術と自信があるからこそ、
味方にパスを繋げるし、シュートまで持ち込めるのだろうな、と。
それと、ブラジルの選手を見ていて思ったのは
足が長いので、普通なら届かなくて足を出したらファウルになりそうな位置に
相手選手がボールを持っていても獲れてしまう。
そういうプレーの一つひとつを観ていても面白かったです。

さて、今日はオーストラリアvsオランダ、スペインvsチリ、カメルーンvsクロアチア
と、楽しみなカードが続きます!!明日、休みで良かったー!!(≧▽≦)
そう、心から叫びたいです(笑)
ちょっと録画も溜まりつつあるので、出来るだけライブで頑張って観たいと思います!
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

代表・コートジボワール戦 [日本代表]

皆さま、こんにちは!
ワールドカップ開幕から4日が経過いたしました。
楽しんでいらっしゃいますか??(^-^)

昨日は日本代表戦でしたね。
内容も結果も、非常に厳しいものになりました。
今日も自分なりに、コートジボワール戦にて感じたことを書いてみたいと思います。

立ち上がりは、前からプレスにいく選手、いかない選手がいて
連動した守備が機能せず、効果的な攻撃に繋げられませんでした。
相手のポジショニングのミスも手伝い、本田が先制点を決めてからの数分間は
堅さが取れ、動きも少しスムーズになり追加点を奪えるチャンスもありました。
しかし、パスミスが多く、中盤(ボランチの位置)での守備が緩かった。
簡単に中央を突破され、危険なエリアに侵入される回数も目立っていました。
攻守の重要なポイントになる中盤で、相手の攻撃を阻止できないと
どうしても深い位置まで踏み込まれ、最終ラインが危険な対応をせざる得なくなります。
また、そういった場面で、前線から味方選手がカバーに戻っても
後ろからの対応になるためファウルになり、相手にとっていい位置からのFKを与えてしまいます。
相手選手がどんな攻撃をイメージして、どこに展開するかを読んでの対応も見られませんでした。

また、チーム全体的に味方選手との距離、相手選手との距離も気になりました。
2失点とも右サイドからのクロスでしたが、どちらもノープレッシャーで上げられていました。
ゴール前での守備も、ボニの1点目はマークはしていたけれど付ききれず。
2点目のジェルビーニョもフリー。あれではちょっと厳しいと思います。

攻撃に関しては、日本の攻撃スタイルは中央突破、
またはサイドから、やはり最終的には中央突破のパターンが多いと思います。
しかし、中央は相手の守備陣もしっかり人数かけてスペースを消してくるので崩すのが難しい。
アジアレベルなら、崩すことも、侵入も可能かもしれない。
しかし、世界レベルではやはり難しいと思います。
1つのスタイルを貫くことは大切だし、それを4年間かけてやってきたのだから
ピッチで表現することは当然です。
しかし、それでゴールに近づけない、割れない状況が続くのなら
他の攻撃を仕掛ける必要があるのでは、と思います。
例えば、中央突破を仕掛けると、両サイドにスペースが出来る。
そこに展開してゴールライン際まで切り込みクロス、という形も一つ。
クロスもタッチライン近くから入れるのか、ペナルティエリア付近まで持ち込むのか。
入れるクロスの種類も、ハイボール、早くて低いボール、グランダーのボール・・・
いろいろなパターンがあると思います。
また、単純にクロスに合わせてシュートだけではなくて、
サイドチェンジから中央に戻してみたり・・・
状況に応じて、攻撃に変化をつけられれば得点の可能性は出てくるんじゃないでしょうか。
確かに、監督の戦術に基づいた指示、これまでの練習内容などもあるでしょう。
試合中に足を止めてゆっくり考える時間はもちろんないけれど、
ピッチに出て戦うのは選手たち自身なので、こだわりすぎずプレーしてほしいと思います。

この日のために4年間やってきたのなら、その姿を見せてほしいです。
グループリーグのあと2試合、しっかり見届けたいと思います。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯・GL-B スペイン vs オランダ [ワールドカップ2014]

皆さま、こんばんは!(*´▽`*)
ワールドカップ2日目も、熱い戦いが繰り広げられましたね!!
私は今のところ、メキシコvsカメルーン、スペインvsオランダまでを観戦しました。
チリvsオーストラリアは再放送を録画中(結果は知ってしまいましたー)
毎日、面白いゲームが観れて本当に幸せ・・・(笑)楽しすぎます!

しかし、スペインvsオランダは驚きの展開でした。
オランダはW杯前に、中盤の要のストロートマンが負傷。
前線の3人スナイデル、ファン・ペルシー、ロッベンはワールドクラスのクオリティを持ち、
嵌った時の破壊力は凄まじいけれど
攻守ともチーム全体的が安定している印象はあまりなく、
苦戦を強いられるのではと思っていたのですが、内容も結果も予想とまったく違っていました。
今のスペイン代表のサッカースタイルの基となる、
バルサのサッカーを構築した1人のファン・ハール監督だからこその戦術と
それを見事にピッチで表現した選手たちが一体となり、
オランダを勝利に導いたといえるのかもしれません。

オランダはスタート時から、守備時には最終ラインに5人置きブロックを形成。
横パスには食いつかず
タテパスにはかなり早くて厳しいプレッシャーをかけ、対応していました。
スペースを消され、タテパスもほとんど中盤でカットされるため
スペインはいつもの細かいパスワークでの攻撃のリズムが作り出せませんでした。
それでもイ二エスタがドリブルで切り込んで仕掛けたり、
少しでもオランダの守備ラインが崩れると、一瞬でスペースを見つけてパスを通し
フィニッシュまで持ち込んでいたのはさすがでした。
スペインがPKで先制した後はオランダが攻撃的になり、
試合が動いたてきたなあ、と思いきや
前半終了間際にファン・ペルシーがゴールを決め、ゲームは振り出しに戻りました。
後半もオランダは前半同様の戦い方でしたが、52分に1点目と同じような形で
左サイドのブリントから前線にボールが入り、冷静にロッベンが決め勝ち越し。
そして64分にはスナイデルのFKから、ファーでデフライが押し込みリードを広げます。
さらに72分、セルヒオ・ラモスのバックパスを受けたカシージャスのトラップが大きくなり
ファン・ペルシーが奪い、ゴールを決めて3点差。
止めは80分、オランダはスペインのスローインからボールを奪うと
スナイデルが前線のスペースに素早く展開。
ロッベンがセルヒオ・ラモスに走り勝ち、ゴール前で切り返してカシージャスをかわし
ゴールネットを揺らし、そのまま1-5で試合は終了しました。

スペインが自分たちの良さをほとんど出せず主導権を握られ、
受け身になる姿はちょっと予想外でしたが、
オランダの守備が機能し、攻撃を担った前線の3人が見事に得点を重ねた
面白い試合だったと思います。(かなり衝撃的ではありましたが)
グループB、今後の試合が非常に楽しみですね。
( どっかでカイト、出場しないかな~ : 心の叫び (*´▽`*) )

さて、今日はいよいよ日本戦です。
その前にも日本と同組のコロンビアvsギリシャがありますし、
個人的にとても興味のあるウルグアイもコスタリカと初戦を迎えます。
そして、イングランドvsイタリアという好カードも!
開幕して2日目ですが、すでに睡眠不足全開気味です[眠い(睡眠)]
でも、頑張って起きたいと思います!

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ワールドカップ・ブラジル大会開幕! [ワールドカップ2014]

皆さま、こんばんは!
いよいよ、ワールドカップ・ブラジル大会が開幕しました!!(≧▽≦)
初戦から、熱い戦いでしたね。

開幕から、開催国ブラジルvsクロアチアという好カード。
クロアチアの連動した組織的な守備からのカウンターと
ブラジルの個人技を生かした攻撃と堅守がぶつかり合い、
非常に見応えのある好ゲームとなりました。
球際の激しさ、迫力のあるフィジカルコンタクト、両チームの特徴がよく出ており
早い展開の連続で最後まで非常に面白かったです。

クラブチームのサッカーも本当に面白いのですが、
やはりワールドカップもまた違った、特別な面白さがありますね。
最高に楽しい一カ月になりそうです!

ブラジルに関しては、直近のテストマッチは観てはいないのですが、
3月に行われた国際親善試合の南アフリカ戦の時は
前線から守備を行い、攻撃はトップのフレッジが前線でポストになり
そこを起点にサイドに展開するタテに早いスタイルで試合を進めていました。
しかし、今日のクロアチア戦ではフレッジに当てるような場面はなく、
サイドもフッキ側はあまり機能していなかったし、
クロアチアのコンパクトに保たれた守備がかなり効いていたんじゃないかと思いました。
それでも、そこを個人技で突破できてしまうブラジルの能力の高さはさすがでした。

そして、当然なのかもしれませんが
例えばオスカルやネイマールなどは、クラブチームよりも代表でのプレーの方が
伸び伸び・生き生きとしているように感じました。
オスカルは同じポジションでも、チェルシーではあんな創造性のあるプレーはそこまで見せません。
フィジカルもそんな強いイメージもなく、耐えて突破するよりも
どちらかというと、倒れてファウルをもらう方が多い印象です。
もちろん、名誉あるセレソンに選ばれて、自国開催のワールドカップでプレーできる喜びや
大切な開幕戦であることなども大きく影響していると思いますが
クラブで見せる姿とはまた違った選手の魅力もすごく感じられました。
ダヴィド・ルイスにしても、あんな気合いの入った姿は初めてでした。
やはり、セレソンとしてワールドカップでプレーするというのは
私なんかの想像をはるかに超えた、強い、強い思いがあるんだなとすごく実感しました。

それから、書こうかどうか迷ったのですが、
やはりこれは触れておかなければならないと思うので
私なりの考えを書いておきたいと思います。
今大会の開幕戦で、
日本の審判団が初めてワールドカップ・開幕戦のジャッジを担当されました。
本当にすごいことですし、
選手だけでなく、レフェリーも世界に進出していける素晴らしい機会だと思います。
私も同じ日本人として主審である西村さんを含め、日本の審判団の笛を楽しみに
また、ドキドキしながら観ていました。
しかし、69分にフレッジがペナルティエリア内でロブレンに抱えられ、
倒されたという判定でブラジルにPKが与えられました。
結果、ネイマールがPKを決めて勝ち越し、最終的には3-1でブラジルが勝利。
そのジャッジを巡って、世界中で騒ぎになっている、というニュースを見かけました。
試合全体を通して、クロアチアに不利なジャッジが多かったと感じたのは私も確かで、
あのPKの判定も流していたら、「これではとれないな」と納得できるレベルだったと思います。
最後のオスカルのゴールにつながったラミレスのタックルも
テレビ画面では明確に確認できなかったので何ともですが、疑問を持つのもわかります。
確かに、ジャッジ一つで試合の流れや結果、
人一人の人生をも左右してしまう場合も少なくありません。
もちろん、どのプレーもチームも公平に正しく判断されるべきです。
しかし、いくらゴールラインテクノロジーや追加審判を増やしても、
すべてのプレーを正しく判定できるかは非常に難しいと思います。
あの瞬間、西村さんは迷わず笛を吹いてPKスポットを指したように見えました。
それが、その時の西村さんの判断だったのだと思います。
デリケートで難しい問題ですが、こういったことを含めてサッカーなのだと私は思います。
プレーや判定について、もちろん議論していいし、それもサッカーの楽しみの一つです。
しかし、必要以上に騒ぎ煽ったり、その人個人を攻撃するようなことだけはあってほしくありません。
試合後、審判団もジャッジについて確認しているはずです。
良い判断だってたくさんあるはずです。
そういった面も私たちは認識しつつ、疑問を持ち、議論するべきなのではと思います。

最後、少し堅い話題での締めくくりになりましたが、
サッカーに関わりたいと思っている者の立場から、
避けてはいけない、と思い書かせていただきました。

さて、今日も楽しみなゲームが3試合もありますね!
私はとりあえず、スペインvsオランダはライブで見ようと思っているのですけど・・・
4:00 に起きれるか・・・起き続けていられるかは不明です(笑)
でも、気合いを入れて何とか起きようと思います!(*´▽`*)

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

これからの日本サッカー [日本代表]

「あ、そういえば読んでないな」

そういう雑誌や本が、私の家には結構ある。
最近はかなりセーブしているのだが、気になった本は迷わず買うことにしている。
(購入する前に一応ある程度、中身は確認する)
しかし、読む・買う、のスピードがうまく合わず、そのままになっていることも多い。
今日、またいつもの現象が起きた。
その記事を読みたくて買ったはずなのに、未読であることに気付く。

それは、現在U-16 日本代表監督を務める吉武博文さんのインタビュー記事だ。
吉武監督は、2011年のU-17 ワールドカップ・メキシコ大会でベスト8、
昨年のU-17 ワールドカップ・UAE 大会でもベスト16 という好成績を残している。
日本サッカーの育成年代において、非常に優秀で期待されている指導者だ。

私が吉武監督を知り、興味を持ったのは2大会前のメキシコ大会だった。
当時の吉武監督が率いていたチームの印象は、
「今までの日本のサッカーと少し違う。日本のサッカーは変わってきているのかも」
というものだった。
一番記憶に残っているのは、「とりあえずクリア」はしない。
例えば、自陣のゴール前で相手に厳しいプレッシャーをかけられていても
とにかく前線に大きく蹴り出すのではなく、意図を持って味方選手にボールをつなげる。
17歳という年齢、しかも国際舞台で慌てずそれを実践していることに驚いた。
現在のフル代表のレベルですら、本当に危険な場面ではないのに
とりあえず前に大きく蹴り出して、簡単に相手にボールを渡してしまう光景はよく見かける。
クリアの他にもゴールキックやスローインも、味方選手に繋がる印象の方が少ない。
せっかくのマイボールなのに、なぜなんだろう?といつも疑問に思っていた。
おそらく、そういったことは多くの場合、
彼らが育成年代に言われて実践してきた経緯があるからなのではないだろうか。
相手にボールを渡さない意識、技術やアイディアを育成年代から身に付けることができれば、
自分たちが主導権を握り、試合を優位に進められる可能性が高まるのではないかと思う。

今回のインタビュー記事で特に印象深かったのは2つ。
日本人には似たようなタイプの選手(ゲームメイカー)が多く、試合のテンポも90分間同じ。
それが日本のサッカーの課題と指摘されてきたことについて、
吉武監督はそれをプラスに捉えてチーム作りをし、結果を出しているということが1つ。
もう1つは吉武監督の「日本人のマリーシア」の考え方。
交代時にゆっくり時間をかけたり、
相手陣内のコーナー付近でボールキープをして時間稼ぎをしたり、軽い接触で派手に倒れたり
そういったことをしないフェアプレーの精神こそが日本のマリーシアだという発想だ。
どちらかというと私は、両方とも吉武監督とは逆の考え方をしていた。
しかし、欠点を欠点と捉えず、むしろプラスに考えてチームを作るという発想は、
なるほど、と思った。
欠点や課題は改善し、克服するもの。
そういう考えが一般的だし、1つの解決方法としては間違ってはいない。
しかし、プラスに働かせるというのはなかなか思いつかない。
そういう柔軟な発想が今後、日本サッカーの未来に大きく影響するかもしれない。

インタビューには他にも、
ポゼッションの考え方や練習方法などが語られていて、大変興味深い内容だった。

現在、吉武監督率いる代表チームは、
来年開催されるU-17 ワールドカップ・チリ大会を目指している。
どんなサッカーを見せてくれるのか、今から楽しみだ。
そして、日本のトップレベルのサッカーを担っていく彼らの5年後、10年後にも期待したい。


吉武監督インタビュー記事掲載
文:小澤一郎さん


サッカー批評(67) (双葉社スーパームック)

サッカー批評(67) (双葉社スーパームック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/03/10
  • メディア: ムック



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

代表・ザンビア戦 [日本代表]

皆さま、こんにちは[わーい(嬉しい顔)]
いよいよワールドカップ開幕まで一週間をきりましたね!

このところ、日本代表について全然書いてなかったので
ここまでの代表と今日のザンビア戦について少し書いておこうかな、と思います。


選手選考

大きなサプライズはなく、ザッケローニ監督らしい選出だったと思います。
一部では、2年以上も代表を遠ざかっていたことからか
大久保選手がサプライズだと言われました。
しかし、自国リーグの得点王であり、前回の南アフリカ大会でも出場経験がありますので
呼ばれても不思議はありません。それに、若いFW陣の中にベテラン選手は必要です。
個人的には、斎藤選手の方が少し驚きました。
そして、仕方のないことですが、
W杯本大会に出場するために長い間、予選を戦ってきた選手たちがここへきて
落選してしまうのは本当に心苦しいなあ、とあらためて思いました。
例えば前田選手とか・・・
そういった選手の分も、大会に臨む選手たちには頑張ってもらいたいです。


ザッケローニ監督での4年間

ザッケローニ監督の哲学や、作り上げるチームスタイルにはそこまで詳しくはありませんが、
元々、攻撃的なサッカー指向と言われているだけあって
そこを最後まで貫いたのかなと思いました。
正直言うと、いつ守備の改善するんだろう?守備の練習ってしてるの?
してるよね?するよね?・・・たぶん・・・的な印象を持っていましたが
前回のコスタリカ戦を観て、今頃ようやくわかりました(というか、納得した)
あ、ザッケローニさんってこういう監督なんだな、と。
もちろん、守備をまったく考えていないわけではないでしょう。
また、日本人の特性やサッカー文化も影響あるのかもしれません。
その中で出来ること、長所である攻撃を伸ばすことに、この4年間力を注いだのではないか、と。

選手のコンディション

負傷明けの選手が中心選手に多いのが気がかかり。
特に、内田選手と長谷部選手は大会中に万全なコンディションに持っていくのは難しいし、
試合勘も気になるところ。
山口選手や酒井宏樹選手が
レギュラークラスに劣らないパフォーマンスを見せてくれることを期待したい。
本田選手はコスタリカ戦、ザンビア戦を観る限り
ほとんど動けておらず、消耗も激しかった。
本来、作らなければならないであろうタメも作れず、攻撃の起点になれていなかった。
こちらも、コンディションがどこまで戻るかが大きなポイント。
逆に、大久保選手、岡崎選手、香川選手の調子はかなり良さそうに見える。

ザンビア戦の感想

立ち上がりの失点→ さらに失点→ PKで1点差→ 同点に追いつく
→ 直後に勝ち越す→ 終盤に追いつかれる→ 逆転する→ 逃げ切る

とまあ、内容盛りだくさんで、点も入って試合としては面白かったし
今までの代表にあまりないパターンで、勝ち切れたのは正直良かったと思う。
最後、交代出場したばかりの青山からのロングフィードと
そこへ的確に走り込んだ大久保のトラップ、シュートは本当に上手かった。

前半は立ち上がりに失点し、相手に主導権を握られ
リズムを崩して追加点を奪われたのは良くなかった。
そこは、やはり本大会でも気を付けなくてはならないと思う。
相手ディフェンスを引き出すような動きが少なかったが、
本番直前の強化試合であること、選手のコンディションを考えると仕方ないところも大きい。
また、球際の激しさやフィジカルコンタクトが物足りなかったのも然り。
さらに相手国のザンビアも組織的で上手かった。
前半とばし過ぎてスタミナ切れを起こし、
後半動けなくなってしまうパターンも今まで多かっただけに、
いろんな要素が影響してそうなった部分もあるだろうが、その点に関しては悪くなかった。
大切なのは、90分通して勝負をするということ。
90分の中で試合は動いていくから、自分たちで試合の流れや時間を考えて
試合を進めていけば良い。
それがどんな相手、どんな試合でも出来るようになれば
日本のサッカーはもうワンランク上にいける。
今大会でその部分がグッと押し上げられれば・・・と思う。

一番気になったのは、守備時の相手選手との距離の取り方。
スペースのカバーはもちろん大切で、判断は難しいだろうけれど
もう少し詰めないと好き勝手やられてしまう。
的確なポジショニング、難しいんだろうけど・・・


・・・とまあ、今日はこんな感じです。

始まってみないと何とも、ですけど、
日本代表、いいパフォーマンスを見せてくれること楽しみにしてます。

タグ:日本代表
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。