So-net無料ブログ作成
検索選択

代表・ザンビア戦 [日本代表]

皆さま、こんにちは[わーい(嬉しい顔)]
いよいよワールドカップ開幕まで一週間をきりましたね!

このところ、日本代表について全然書いてなかったので
ここまでの代表と今日のザンビア戦について少し書いておこうかな、と思います。


選手選考

大きなサプライズはなく、ザッケローニ監督らしい選出だったと思います。
一部では、2年以上も代表を遠ざかっていたことからか
大久保選手がサプライズだと言われました。
しかし、自国リーグの得点王であり、前回の南アフリカ大会でも出場経験がありますので
呼ばれても不思議はありません。それに、若いFW陣の中にベテラン選手は必要です。
個人的には、斎藤選手の方が少し驚きました。
そして、仕方のないことですが、
W杯本大会に出場するために長い間、予選を戦ってきた選手たちがここへきて
落選してしまうのは本当に心苦しいなあ、とあらためて思いました。
例えば前田選手とか・・・
そういった選手の分も、大会に臨む選手たちには頑張ってもらいたいです。


ザッケローニ監督での4年間

ザッケローニ監督の哲学や、作り上げるチームスタイルにはそこまで詳しくはありませんが、
元々、攻撃的なサッカー指向と言われているだけあって
そこを最後まで貫いたのかなと思いました。
正直言うと、いつ守備の改善するんだろう?守備の練習ってしてるの?
してるよね?するよね?・・・たぶん・・・的な印象を持っていましたが
前回のコスタリカ戦を観て、今頃ようやくわかりました(というか、納得した)
あ、ザッケローニさんってこういう監督なんだな、と。
もちろん、守備をまったく考えていないわけではないでしょう。
また、日本人の特性やサッカー文化も影響あるのかもしれません。
その中で出来ること、長所である攻撃を伸ばすことに、この4年間力を注いだのではないか、と。

選手のコンディション

負傷明けの選手が中心選手に多いのが気がかかり。
特に、内田選手と長谷部選手は大会中に万全なコンディションに持っていくのは難しいし、
試合勘も気になるところ。
山口選手や酒井宏樹選手が
レギュラークラスに劣らないパフォーマンスを見せてくれることを期待したい。
本田選手はコスタリカ戦、ザンビア戦を観る限り
ほとんど動けておらず、消耗も激しかった。
本来、作らなければならないであろうタメも作れず、攻撃の起点になれていなかった。
こちらも、コンディションがどこまで戻るかが大きなポイント。
逆に、大久保選手、岡崎選手、香川選手の調子はかなり良さそうに見える。

ザンビア戦の感想

立ち上がりの失点→ さらに失点→ PKで1点差→ 同点に追いつく
→ 直後に勝ち越す→ 終盤に追いつかれる→ 逆転する→ 逃げ切る

とまあ、内容盛りだくさんで、点も入って試合としては面白かったし
今までの代表にあまりないパターンで、勝ち切れたのは正直良かったと思う。
最後、交代出場したばかりの青山からのロングフィードと
そこへ的確に走り込んだ大久保のトラップ、シュートは本当に上手かった。

前半は立ち上がりに失点し、相手に主導権を握られ
リズムを崩して追加点を奪われたのは良くなかった。
そこは、やはり本大会でも気を付けなくてはならないと思う。
相手ディフェンスを引き出すような動きが少なかったが、
本番直前の強化試合であること、選手のコンディションを考えると仕方ないところも大きい。
また、球際の激しさやフィジカルコンタクトが物足りなかったのも然り。
さらに相手国のザンビアも組織的で上手かった。
前半とばし過ぎてスタミナ切れを起こし、
後半動けなくなってしまうパターンも今まで多かっただけに、
いろんな要素が影響してそうなった部分もあるだろうが、その点に関しては悪くなかった。
大切なのは、90分通して勝負をするということ。
90分の中で試合は動いていくから、自分たちで試合の流れや時間を考えて
試合を進めていけば良い。
それがどんな相手、どんな試合でも出来るようになれば
日本のサッカーはもうワンランク上にいける。
今大会でその部分がグッと押し上げられれば・・・と思う。

一番気になったのは、守備時の相手選手との距離の取り方。
スペースのカバーはもちろん大切で、判断は難しいだろうけれど
もう少し詰めないと好き勝手やられてしまう。
的確なポジショニング、難しいんだろうけど・・・


・・・とまあ、今日はこんな感じです。

始まってみないと何とも、ですけど、
日本代表、いいパフォーマンスを見せてくれること楽しみにしてます。

タグ:日本代表
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。